ビジネス英会話習得におすすめのオンライン英会話ランキング!

グローバル社会が進む中、仕事で英語が必要になったという方も多いのではないでしょうか。

仕事で必要だから、すぐにでも英語を身につけたい。

でもどんな風に英語を身につけたら良いか分からないですよね。

実は忙しい社会人におすすめなのは時間と場所にとらわれずに行えるオンライン英会話です。

オンライン英会話はフリートークが主流というイメージがあるかもしれませんが、実は近年ビジネス英語を学べるオンライン英会話も増えています。

そこで今回は元英会話講師の私が、ビジネス英会話取得におすすめのオンライン英会話ランキングをご紹介します。

本記事を読めばビジネス英会話が学べるオンライン英会話が5分ほどで分かり、効率的な学習法なども分かりますよ。

ぜひオンライン英会話を検討している方は、最後まで目を通してみてください。

ビジネス英会話習得オンライン英会話選びのポイント!

では、オンライン英会話で効率的にビジネス英会話を習得するには、どのようなポイントに気をつけたら良いのでしょうか。

ビジネス英会話を習得するためのポイントは3つ

  1. 講師にビジネススキルがあるか
  2. 実践的な英語が学べるか
  3. ライティングの学習ができるか

です。それでは一つ一つ詳しく見ていきましょう。

講師にビジネススキルがあるか

オンライン英会話でビジネス英語を学ぶとき、講師にビジネススキルがあるか否かは非常に大切です。

例えばいくらネイティブスピーカーでも、学生でビジネス経験がないと実際の現場でどんな言い回しが一番適切なのか分からない場合もあります。

英語として正しくても、ビジネスシーンで正しいかどうかというのは別問題なのです。

また、講師に経験があれば、ビジネス英語と一緒に英語圏のビジネスマナーも学ぶことができますね。

例えば日本のビジネス社会において、名刺はとても大切に扱わなければいけないものですが、英語圏ではそうではありません。

英語圏では名刺はあくまでも相手の連絡先を記した「メモ」ですので、もらった瞬間折り曲げてポッケに雑にしまうこともしばしば。

名刺入れを座布団のように名刺の下に置いて「頂戴します」と言って受け取る・・・という風に細かいルールが定められている日本とは大違いですよね。

そんな英語圏のビジネスマナーをビジネス英語と一緒に学ぶためにも、ビジネス英会話を習得するときは、ビジネス経験のある講師の在籍しているオンライン英会話を選びましょう。

実践的な英語が学べるか

ビジネス英語を学ぶとき、実践的な英語を学ぶことは非常に重要です。

例えば、ビジネスの現場でふさわしい英語表現を学ぶだけではなく、スマートな冗談などを英語で言えた方が良いですよね。

英語圏では時にはそんなスマートな冗談がビジネスを円滑に進めるための潤滑油となる場合もあります。

また、ビジネスの実践の場での会話はテキストのようなものではありません。

途中で誰かが口を挟んだり、話が違う方へと進んでしまったり、突然自分に意見を求められたりと、テキストのようにはいかないのが現実です。

日頃から少しでも実践的な会話を学習することで、現実でのビジネスの会話に少しでも慣れることができるでしょう。

また、ビジネスの場では簡単な単語を使っていても知らなければ言えない表現があります。

例を挙げてみましょう。

「議事録を取る」はビジネスの場でよく使われる表現ですが、英語でなんと言うか知っていますか?

答えは「make a minute」です。

「make(作る)」も「minute(分)」もどちらも初級レベルで勉強する簡単な単語ですが、これらを組み合わせた「make a minute(議事録を取る)」は上級者でもなかなか言えないものです。

(ちなみに「make a minute」には「〜の控えを取る」という意味でも使われます)

ビジネス英語を習得するには、いかに実践的な現場での表現を習得できるかが大切です。

オンライン英会話を選ぶときも、実践的な英語が学べるオンライン英会話を選ぶようにしましょう。

ライティングの学習ができるか

ビジネス英語を学ぶ時に覚えておきたいのは「英語を話す能力だけでなく、書いたり読んだりする能力が必要」ということです。

ビジネスの現場では、もちろん会話をしてコミュニケーションを取ることもあれば、メールで連絡を取り合ったり、英語の資料を読んだりすることもありますよね。

そのため、ビジネス英語を身につけるには、会話だけでなく読んだり書いたりする練習もしなくてはいけません

オンライン英会話と聞くと会話の練習が中心となるイメージがあるかもしれませんが、実はしっかり英語を書いたり読んだりする練習ができるオンライン英会話もあります。

ビジネスの現場では会話だけでは仕事を進めることはできませんので、ぜひ英語の読み書きもしっかり学べるオンライン英会話を選ぶようにしましょう。

ビジネス英会話習得のオンライン英会話を比較!

では先ほどご紹介した「講師にビジネススキルがあるか」「実践的な英語が学べるか」「ライティングの学習ができるか」の3点に着目して、代表的なオンライン英会話を表にして比べてみましょう。

講師 実践英語 ライティング
Bizmates(ビズメイツ) 二重丸 二重丸 丸
Best Teacher(ベストティーチャー) 丸 二重丸 二重丸
レアジョブ英会話 二重丸 二重丸 丸
DMM英会話 二重丸 丸 丸
ネイティブキャンプ 二重丸 丸 丸
Mytutor(マイチューター) 丸 丸 丸
ECCオンラインレッスン 二重丸 二重丸 丸
産経オンライン英会話 二重丸 丸 丸
hanaso 丸 丸 丸
ワンズワードオンライン 二重丸 丸 丸

ビジネス英会話習得のオンライン英会話おすすめランキング!

1位:Bizmates(ビズメイツ)


ポイント
  1. ビジネス英語専用サービス
  2. ビジネス経験のある講師を採用
  3. 5段階の細かいレベル分け
CHECK
Bizmates(ビズメイツ)はビジネス経験のあるフィリピン人講師を採用している、オンライン英会話です。講師は900人ほど在籍していますのでさまざまなタイプの講師から自分に合った講師を見つけることができます。

ビジネス英語を本格的に学びたい人はBizmates(ビズメイツ)を選んでおけば間違いありません。

ビズメイツの評価
講師
(5.0)
教材
(5.0)
料金
(4.0)
サポート
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:Best Teacher(ベストティーチャー)


ベストティーチャーのポイント
  1. ライティングレッスンあり
  2. 世界中の講師が在籍
  3. 資格対策もあり
CHECK
Best Teacher(ベストティーチャー)はオンライン英会話では数少ないライティングの指導があるオンライン英会話です。

講師も世界50カ国から集まっていますので、いろいろなアクセントの英語に親しみながら、ビジネスライティングを学びたい人におすすめです。

ベストティーチャーの評価
講師
(5.0)
教材
(5.0)
値段
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

3位:レアジョブ英会話


レアジョブ英会話のポイント
  1. ビジネス英会話コースあり
  2. 資格対策コースあり
  3. 1レッスン129円〜!
CHECK
レアジョブ英会話はビジネス英会話コースが設定されているだけでなく、TOEICやTOEFLなどの資格対策にも対応しています。

また、1レッスン129円〜というリーズナブルな価格も魅力的ですので、価格を抑えながらも高品質のビジネス英語を学びたい人におすすめです。

レアジョブ英会話の評価
講師
(5.0)
教材
(5.0)
料金
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

ビジネス英会話習得にオンライン英会話を利用する効果は?

オンライン英会話を始める時に気になるのがその効果ですよね。

ここでは、オンライン英会話でビジネス英会話を習得する時、毎日勉強をする必要があるのか、また、どれくらいの時間が必要なのか、というテーマについてお話しします。

毎日勉強する必要はあるか?→毎日できれば◎

ビジネス英会話に関わらず、英語を勉強する際は、毎日やるのが一番です。

毎日勉強することのメリットは2つ。

1つ目は「毎日やると忘れにくい」2つ目は「毎日やることで学習が習慣化され継続できる」です。

人間の脳は、新しいことを勉強しても次の日にはその7割ほどのことを忘れてしまいます。

1回勉強しても次の日7割も忘れていたら、学習した意味がほとんどなくなってしまいますよね。

しかし、7割を忘れてそのままにするのではなく、次の日にも繰り返すことで記憶が定着し、学習の成果が表れるようになります。

また、英語学習においては「学習を習慣化する」ことが大切です。

オンライン英会話は、時間と曜日が固定ではないところがほとんどですが、学習を習慣化するために、なるべく曜日を決めて習慣化した方が良いでしょう。

また、オンライン英会話のレッスンがない日でもこんな風に大体毎日の勉強内容を決めておくと習慣化に役立ちます。

月曜日 リスニング+単語を3つ覚える
火曜日 リーディング+単語を3つ覚える
水曜日 英作文+単語を3つ覚える
木曜日 オンライン英会話レッスン
金曜日 オンライン英会話の復習+単語を3つ覚える
土曜日 単語を調べながら洋画を観る
日曜日 単語を調べながら洋楽を聴く

ポイントはオンライン英会話のレッスンを「練習試合」として、他の曜日を「練習日」と捉えること。

練習試合のためには、日々の練習が必要ですよね。

週1回の練習試合のために毎日コツコツ勉強するイメージを持つと良いでしょう。

効果が出る期間は?→3ヶ月は必要

では、これらの学習をどれくらい続けたら効果が実感できるのでしょうか?

結論から言うと最低3ヶ月は継続的な学習が必要です。

と言うのも、多くの英会話スクールのテキストは3ヶ月〜1年でテキスト1冊を終わらせるカリキュラムを作成しているところがほとんどです。

パーソナルコーチがついて短期間で英語のトレーニングを行うコーチング型のスクールでも、その受講期間は平均3ヶ月となっています。

コーチングスクールは大体毎日3時間の学習が必要です。

言い換えれば、パーソナルコーチがついて、毎日3時間3ヶ月勉強をして、やっと効果が実感できるということです。

オンライン英会話の場合は、レッスン時間は1回30分程度しかありませんので、いかに自習の時間が大切かお分かり頂けると思います。

しかし、ビジネス英会話というのは、そんなに種類は多くありません。

Could I get you to〜?(〜していただいても良いですか?)

Do you mind if〜?(〜してもよろしいでしょうか?)

That would be great if you could〜(〜していただければ幸いです)

などの決まり文句があり、それらを覚えればOKですので、まずは3ヶ月オンライン英会話をうまく活用しながら勉強を続けてみましょう。

きっと効果が感じられるはずです。

ビジネス英会話習得オンライン英会話のQA!

ビジネス英会話のおすすめの勉強法はありますか?

初級ー中級の方は、まずはビジネス英会話の表現を覚えましょう。上級の方は、英字新聞を読んだり、英語でニュースを聞いたりと、メディアを活用して英語を学習すると実践的なビジネス英会話力が養えますよ。

ビジネス英語のスキルを証明するための資格はありますか?

ビジネスにおける英語力を示す資格には「TOEIC」「VERSANT」「日商ビジネス英語検定」などがあります。また、海外駐在の際には「IELTS」の高得点の取得が求められることもありますよ。

英語のプレゼンで覚えておいた方が良いフレーズを教えてください!

質疑応答の際に手を挙げている人を指しますよね。そんな時は「The man on my lest」(私から見て左の男性)と言って指すことができますよ。また「that brings me to the end of my question」(これで私のプレゼンを終わりにします)もネイティブスピーカーがよく使う決まり文句ですね。

ビジネス英会話取得におすすめのオンライン英会話で無料体験レッスンをしよう

今回はビジネス英会話取得におすすめのオンライン英会話ランキングをご紹介しました。

オンライン英会話でビジネス英会話が学べるイメージはあまりないかもしませんが、近年ビジネス英会話を専門的に学べるサービスも増えてきています。

ビジネス英会話は上達すればするほど仕事の結果に繋がっていくもの。

ぜひオンライン英会話を上手に活用して英語力を鍛えてみてください。

気になるオンライン英会話があれば、まずは無料体験レッスンを受講し、自分に合うかどうか確認してみるのがおすすめですよ。