TOEIC500点台を目指す人におすすめのオンライン英会話ランキング!

TOEIC500点台を目指しているみなさん。

TOEIC500点台は初心者から中級者への大きな壁ですよね。

TOEIC500点台を目指すには、リーディングとリスニングをバランスよく鍛える必要があります。

でも、自習だとなかなかリスニング力を鍛えるのって難しいですよね。

そこでおすすめなのが、オンライン英会話です。

オンライン英会話はマンツーマンなのにリーズナブル、豊富な教材を取り揃えており、TOEIC対策にも最適です。

今回は元英会話講師の私が、TOEIC500点台を目指すあなたのための、おすすめオンライン英会話ランキングをご紹介します。

TOEICの点数は上手くいけば3ヶ月で100点ほど上がります。

ぜひ最後まで読んでTOEICスコアアップを目指せるオンライン英会話を見つけてください。

TOEIC500点台を目指す人のオンライン英会話選びのポイント!

では、TOEIC500点台を目指すには、どんなポイントに気をつけてオンライン英会話を選んだらよいのでしょうか?

ここではTOEIC500点台を目指す人のオンライン英会話選びのポイントについてご紹介します。

TOEIC対策コースはあるか

TOEIC500点台を目指すなら、TOEICに特化した勉強が必要です。

なぜならばTOEICは語彙や表現がビジネス英語となっており、問題内容もビジネスに特化したものが多いからです。

TOEIC500点台を目指すためにオンライン英会話を探すなら、TOEIC対策コースのあるオンライン英会話を選びましょう。

ちなみに大学1年生のTOEICの平均点は400点ほどと言われています。

つまりTOEIC500点台になるには、中学生英語と高校生英語をマスターし、さらに100点程度の英語力をつけなければいけません

学生と社会人、TOEICを受験する人すべての平均点は580点程度ですので、TOEIC500点台になるには「平均」を目指さなくてはいけないということですね。

もちろん「オンライン英会話で総合的な英語力を鍛える→結果的にTOEICの点数が上がる」ということもありますが、短期間でTOEICの点数を上げたい人は「TOEICの点数を上げるための勉強」をしなければいけません。

逆に言えばTOEICはテクニックをつかめば点数を取ることが可能なんです。

TOEIC800点~900点レベルになると、テクニックだけではなかなか点数が取れませんが、TOEIC500点台ならテクニックをつかめば届く可能性があります。

TOEIC500点台を目指す方は、TOEIC対策コースのあるオンライン英会話を選び、点数を取るためのテクニックを学ぶとよいでしょう。

TOEIC用のテキストはあるか

TOEIC対策コースが、利用したいオンライン英会話にない場合。

その際はTOEIC対策用のテキストを扱っているオンライン英会話を選ぶようにしましょう。

オンライン英会話は、テキストの種類が多く自分の好きなものをダウンロードできるところがほとんどです。

TOEICの模擬試験のテキストは大体2回分の模擬問題が入っていますので、3ヶ月で2冊ぐらいできると良いでしょう。

また、TOEIC500点台には初歩的な日常英会話や自己紹介ができる力が求められます。

語彙数にすると、大体3000語の語彙力が必要です。

3000語の語彙もTOEICに出てくるビジネス英語寄りの単語になりますので、TOEIC用のテキストを使って単語を覚える必要があるでしょう。

オンライン英会話を選ぶときは、TOEIC用のテキストがあるかどうかも大切なポイントとなります。

TOEICを熟知している講師がいるか

TOEIC500点台を目指す方は、当たり前ですが講師がTOEICを熟知しているオンライン英会話を選びましょう。

なぜこんなことをわざわざ書いているかというと、一般的にTOEICは世界中でアジアでしか受験されていません

特に受験者数が多いのは日本と韓国となっており、ヨーロッパなどではTOEIC自体を知らない人も多いです。

英語のネイティブスピーカーであれば、英語が母国語なので自分が受けたことがなかったとしても指導はしやすいと思います。

しかし、英語のネイティブスピーカーでなく、TOEICをそんなに知らない講師のいるオンライン英会話では、効率的なTOEICの指導が受けられない場合があります。

TOEIC対策としてオンライン英会話を選ぶならば、TOEIC専門講師がいることが望ましいです。

少なくともTOEICがどんな試験なのか熟知している講師のいるオンライン英会話を選びましょう。

講師に直接「TOEICを知っていますか?」「受験したことがありますか?」と聞いてみるのも良いですし、サポートセンターがあればサポートセンターにTOEICに関する知識のある講師を希望する旨を伝えてみましょう。

TOEIC500点台を目指す人のオンライン英会話を比較!

先ほどオンライ英会話を選ぶときのポイントとして「対策コース」「テキスト」「講師」という3つのポイントをご紹介しました。

ここでは、この3つのポイントに注目して、代表的なオンライン英会話を表にして比べてみたいと思います。

対策コース テキスト 講師
レアジョブ英会話 二重丸 二重丸 二重丸
ネイティブキャンプ 二重丸 二重丸 二重丸
QQイングリッシュ 二重丸 二重丸 二重丸
DMM英会話 二重丸 二重丸 二重丸
Bizmates(ビズメイツ) 丸 三角 二重丸
Best Teacher(ベストティーチャー) 三角 丸 二重丸
ECCオンラインレッスン 二重丸 二重丸 二重丸
産経オンライン英会話 丸 二重丸 丸
Hanaso 二重丸 二重丸 丸
Mytutor(マイチューター) 二重丸 二重丸 丸

TOEIC500点台を目指す人のオンライン英会話おすすめランキング!

1位:レアジョブ英会話


ポイント
  1. TOEIC対策コースあり
  2. 効率的に学べるカリキュラム
  3. 日本人によるカウンセリングあり
[/cell]
CHECK
レアジョブ英会話にはTOEIC対策本を多数執筆する濱崎潤之輔氏が監修したTOEIC対策コースがあります。オンライン英会話No1.ですので実績も多数。TOEIC頻出問題に対応した教材を使って、本番を想定した学習ができますので、スコア600点までスムーズに目指したい人におすすめです。
レアジョブ英会話の評価
講師
(5.0)
教材
(5.0)
値段
(5.0)
サポート
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:ネイティブキャンプ


ポイント
  1. TOEIC対策コースあり
  2. リスニング力を鍛えられる!
  3. 5分〜気軽にレッスンが受けられる
CHECK
ネイティブキャンプには、楽しく学べるTOEIC対策コースが用意されています。各設問に対応して、点数を取るために段階的なトレーニングができるだけでなく、リスニング力も一緒に鍛えられるのが魅力的。ビジネスに特化した英会話力を鍛えたい人にもおすすめです。
ネイティブキャンプの評価
講師
(5.0)
教材
(5.0)
値段
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

3位:QQイングリッシュ


ポイント
  1. 講師全員がTESOL有資格者!
  2. 独自メソッドでリスニング力UP
  3. 英文構造を理解するトレーニング
CHECK
QQイングリッシュはTESOLを取得した講師によるレッスンが受けられます。TOEIC対策コースでは、音読と暗唱を通してリスニング力を鍛え、さらに英文の構造を理解するトレーニングを積んでいきます。弱点を克服してTOEICノスコアを上げたい方にはQQイングリッシュがおすすめです。
QQイングリッシュの評価
講師
(5.0)
教材
(5.0)
値段
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

TOEIC500点台を目指す人のオンライン英会話の効果は?

オンライン英会話を始めるとき、やはり気になるのがその効果ですよね。

ここではオンライン英会話を利用することによって、TOEIC500点台の人の英語力がどのように伸びていくのか、ということについてお話ししたいと思います。

毎日勉強する必要はあるか?→できれば毎日勉強しよう

結果から言えば、英語は毎日勉強した方が良いです。

時間に関しては、長時間勉強をすることよりも、効率の良い勉強をすることの方が大切です。

効率の良い勉強をすれば勉強時間は1日30分でOK。

総合的な英語力を上げるには1日10分でも効果がありますが、TOEIC500点台を目指したい方は試験前3ヶ月は1日30分は勉強時間を確保しましょう。

では、30分の中でどんな風に勉強をするのが効果的なのか?私がおすすめする効果的な勉強法はこちらです。

  • TOEIC単語を覚える
  • TOEICの過去問を音読
  • 模擬問題を解く

TOEICで点数を取ることにおいて単語は非常に大切です。

言い換えればTOEIC500点台なら、単語を制すれば取得は可能です。

ますはTOEICに出てくる単語をなるべく多く覚えるようにしましょう。

人間の脳はどんどん古いことを忘れていきますので「復習+新しい単語を覚える」という作業を繰り返してください。

また、TOEICリーディングの多くはビジネス要素のある文書が出題されます。

TOEICの点数を少しでも上げるには、過去問を音読することでTOEICの文章に慣れていきましょう。

音読はリーディング力とリスニング力を同時に鍛えることができますので効率が良いです。

また、試験直前には模擬試験を解いて実際のイメージトレーニングをしてください。

模擬試験を解く際は時間を計って解くようにしましょう。

これらの勉強法を1日30分続ければ、絶対にTOEICの点数はアップするはずです。

効果が出る期間は?→3ヶ月で100点アップ

では、1日30分の学習をどれくらい続けたら効果が出るのか?

答えは3ヶ月、3ヶ月あれば100点スコアを上げることも可能です。

TOEICは問題数が多く、最後まで解き終わらない人がほとんどです。

つまり、もっと時間があったら受験者のスコアは確実に上がります。

わざと解き終わらない量の問題を用意して、「時間が足りない中でこれだけ解けるなら、あなたの英語力はこれくらいですね」というスタンスで作られているのがTOEICのテストなのです。

つまり、リーディング力を上げて英文を読むスピードを早くすれば、点数を上げることができます

TOEIC500点台を目指す方は、単語を覚えることを意識するのと同時に、英文を速く読むことも意識してみましょう。

3ヶ月後には大きな力となって、必ずスコアアップにつながっているはずです。

TOEIC500点台を目指す人のオンライン英会話のQA!

TOEICはリスニングとリーディングどちらが点数が上がりやすいですか?

人間にはそれぞれ「言語習得特性」があります。これは、人によって読むことが得意な人もいるし、聞くことが得意な人もいるということ。つまり、リスニングとリーディング力のどちらが上がりやすいかというのは、この言語習得特性によるのです。ただ、一般的にはリスニングの方が上がりやすいと思います。これは、リーディングは読むための知識が必要ですが、リスニングは耳が慣れることで聞き取れる量が増えるからです。

就職で有利になるにはTOEIC何点が必要ですか?

新入社員のTOEICの平均点は大体600点と言われており、履歴書に英語力を示すものとして書けるのは少なくとも700点以上かと思います。ちなみに英会話講師になるには、児童英語講師なら700点以上、大人英会話講師なら800点以上のスコアが必要です。

TOEICに出てくるのは何英語ですか?

実はTOEICリスニング問題に出されるのは、英語圏の国の英語だけではありません。ノンネイティブスピーカーの話す訛りの強い英語なども出されるのが特徴です。そのためTOEICを受験する際は、さまざまなイントネーションの英語に慣れておく必要があります。

TOEIC500点台を目指す人におすすめのオンライン英会話で無料体験レッスンをしよう

今回はTOEIC500点台を目指す人におすすめのオンライン英会話ランキングをご紹介しました。

初心者の方にとってTOEIC500点台はなかなかハードルが高いと思いますが、効率的に毎日コツコツ勉強することで絶対に500点の壁は乗り越えられるはずです。

オンライン英会話の中にはTOEIC対策コースを用意しているものもあり、それらを利用すると効率的であるだけでなく、同時にスピーキング力も鍛えることができますよ。

気になるオンライン英会話があれば、ぜひ無料体験レッスンをしてみましょう。

TOEICの点数アップにつながっていきますよ。