TOEIC600点台を目指す人におすすめのオンライン英会話ランキング!

英語を勉強している人にとって、TOEICは英語力を示すのに最適な資格ですよね。

本記事は、TOEICテストで600点台を目指す方のために書いていきます。

TOEICの受験者全体の平均点は大体580点と言われており、TOEIC600点台を目指す方は平均点を超える必要があるということです。

でも、英会話スクールに通うのって大変ですよね。

通学時間もかかりますし、風邪を引いたり、仕事が忙しかったり、些細なことがきっかけで休みがちになってしまう可能性もあります。

そこで元英会話講師の私がおすすめするのが、オンライン英会話。

オンライン英会話は通学時間がかからずオンライン環境さえあればどこでもできますので、学習の継続がしやすく、TOEIC600点台を目指したい方にもおすすめです。

今回は、TOEIC600点台を目指す人におすすめのオンライン英会話ランキングをご紹介していきます。

英語学習のヒントについても書きましたので、ぜひ最後までご覧下さい。

TOEIC600点台を目指す人のオンライン英会話選びのポイント!

TOEIC600点台を目指す人は、どんなポイントに気をつけてオンライン英会話を選んだら良いのでしょうか?

ここでは、より効率的にTOEIC600点台を目指すためのオンライン英会話選びのポイントについてお話しします。

リスニング力を鍛えることができるか

TOEIC600点台を目指す人は、リスニング力が鍛えられるオンライン英会話を選びましょう。

TOEIC600点台を取得するためには、TOEIC受験者の平均以上のスコアを取らなければいけません。

TOEIC運営委員会が出しているデータによると、TOEIC600点台を取得している人は、リーディングよりもリスニングの点数が高い傾向にあります。

つまり、リスニングパートの点数を上げることができればTOEIC600点台という目標は達成しやすくなります。

また、TOEICのリスニングで出題される英語はネイティブスピーカーの英語だけではありません。

英語を母国語としない訛りの強い英語なども出題されますので、さまざまなアクセントの英語に慣れておく必要があるでしょう。

さらに、TOEICのリスニングパートは「一言一句聞き漏らさずに聞く問題」と「概要を正しく掴むための問題」に分かれています。

一言一句漏らさずに聞くための練習はテキストなどでもできますが、相手の言っている英語の概要を掴むためには、なるべく多くの人の英語に触れて「概要を掴む」トレーニングをするのがおすすめです。

ちなみにTOEICには大体8500語〜9500語の単語が出ていると言われています。

リスニング力を鍛えるとともに単語力も上げていくと、よりTOEIC600点台という目標を達成しやすくなるでしょう。

講師の質が高い?

TOEIC600点台を目指すためにオンライン英会話を始めるならば、講師の質が高いオンライン英会話を選ぶようにしましょう。

講師がアルバイトとして雇われていて、フリートークをしているだけのオンライン英会話では効果は期待できません。

では良い講師を選ぶにはどんなポイントに着目したら良いのでしょうか?

質の高い講師を見極めるポイントはこちらです。

  1. 講師がきちんと研修を受けているか?
  2. 講師が資格を取得しているか?
  3. 講師は自宅勤務?オフィス勤務?

良質なオンライン英会話では、講師の教育をきちんと行なっています。

時間をかけて研修をしていたり、指導メソッドの練習をしていたりと、講師の教育に時間をかけているのです。

また、英会話講師にも指導のための資格があります。

資格は数種類ありますが、世界中で広く知られているのがイギリス発祥の「TESOL」です。

講師は国籍ではなく、指導経験や指導力、資格の有無で選ぶのがおすすめ

最後に、オンライン英会話では、講師が自宅でレッスンを行なっている場合と、オフィスに出勤してレッスンをしている場合があります。

もちろん自宅勤務でもしっかりレッスンをしてくれる講師もいますが、オフィス勤務の場合はスタッフが品質管理のために常駐している場合がほとんどですので、レッスンの品質が安定している場合が多いです。

良い講師を選ぶために、ぜひこれらのヒントも参考にしてみてください。

ビジネス英語に強い?

TOEICはビジネス英語に関する問題が出題されます。

そのため、なるべく遠回りをせずにTOEIC600点台を目指すために、ビジネス英語を勉強する必要があります。

オンライン英会話を選ぶときは、ビジネス英語に強いオンライン英会話を選ぶと良いでしょう。

ビジネス英語というのは、独特な語彙が多く、言い回しなども日常生活で使う英語とは違います。

日本人の私たちも、ビジネスで使う言い回し(「ご査証ください」「御賢察をお願いします」など)を勉強しなければいけないのと同じで、英語でもビジネス英語を学ばなければいけません。

オンライン英会話の中には、ビジネススキルのある講師のいるオンライン英会話もありますので、TOEICの点数を効率よく上げたい方は、ビジネス英語に強いオンライン英会話を選ぶと良いでしょう。

TOEIC600点台を目指す人におすすめのオンライン英会話を比較!

先ほどTOEIC600点台を目指す人のオンライン英会話の選び方のポイントを3つご紹介しました。

ここではそれら3つのポイント「リスニング」「講師」「ビジネス英語」の3つのポイントから、代表的なオンライン英会話を表で比べてみましょう。

リスニング 講師 ビジネス英語
レアジョブ英会話 二重丸 二重丸 二重丸
DMM英会話 二重丸 二重丸 二重丸
Bizmates(ビズメイツ) 二重丸 二重丸 二重丸
ネイティブキャンプ 二重丸 丸 丸
Best Teacher(ベストティーチャー) 二重丸 二重丸 丸
ECCオンラインレッスン 二重丸 二重丸 二重丸
産経オンライン英会話 二重丸 丸 丸
hanaso 二重丸 丸 丸
ジオスオンライン 二重丸 丸 二重丸
ワンズワードオンライン
二重丸 二重丸 丸

TOEIC600点台を目指す人におすすめのオンライン英会話おすすめランキング!

1位:レアジョブ英会話


ポイント
  1. 講師の採用率わずか1%!
  2. TOEIC対策コースあり
  3. 質の高いフィリピン人講師を採用
CHECK
レアジョブ英会話では、オンライン英会話業界最多の5000人以上の講師が在籍しています。講師が多いので必ず自分にぴったりの講師が見つかるでしょう。また、レッスンの質を管理するモニタリングシステムも採用されていますので、レッスンの質に安定を求める人におすすめです。
レアジョブ英会話の評価
講師
(5.0)
料金
(5.0)
教材
(5.0)
サポート
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:DMM英会話


ポイント
  1. 独自のレベルシステムを採用
  2. TOEIC資格対策が充実
  3. レッスンを記録するレッスンノート
CHECK
DMM英会話は講師のレビューが公開されており、質の高い講師を簡単に選ぶことができます。また、講師の研修制度もしっかり整えられていますので、講師の質という意味でも安心してレッスンを受けることができるでしょう。講師の質で選びたい人はDMM英会話がおすすめです。
DMM英会話の評価
講師
(5.0)
料金
(5.0)
教材
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

3位:Bizmates(ビズメイツ)


ポイント
  1. 受講者の89%が上達を実感
  2. 講師全員がビジネス経験あり
  3. ビジネスに特化したサービス
CHECK
Bizmates(ビズメイツ)はビジネス英語を専門的に学べるオンライン英会話です。レッスン全てがTOEIC対策のようなものですので、TOEICの点数を上げたい方には最適。実践的なビジネス英語力を身に付けたい人にはBizmates(ビズメイツ)がおすすめです。
ビズメイツの評価
講師
(5.0)
料金
(5.0)
教材
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

TOEIC600点台を目指す人のオンライン英会話の効果は?

TOEIC600点台を目指すためにオンライン英会話を始めるとき、気になるのは「どれくらい勉強をしたら」「どれくらい効果が出るのか」ということですよね。

ここでは、TOEIC600点台を目指す人のために、オンライン英会話の効果についてご紹介していきます。

毎日勉強する必要はあるか?→リスニングだけは毎日やろう

TOEIC600点台を取得するために英語の勉強は毎日必要か?

結果から言うと、毎日勉強した方が良いです。

特にTOEIC600点台を目指す人は、リスニングに力を入れると良いでしょう。

TOEIC600点台保持者のほとんどは、リーディングよりもリスニングの方が点数が高い傾向があるからです。

特にリスニングのパート1とパート2は短文でシンプルですので、耳が慣れれば点数を取りやすいパートになります。

TOEIC600点台を目指す人は、TOEICまでの期間、毎日リスニングだけは勉強するようにしましょう。

リスニングの勉強法としては以下の3つがおすすめです。

おすすめのリスニング勉強法

スクリプトを見ながらリスニング音源を聴く
リスニング音源を聴きながら声に出す
リスニング音源と一緒に読む

ポイントは「ただ英語を聞き流すことはしない」こと。

意味の分からない英語を長時間聞き流していても効果は期待できません。

しっかりと意味の分かる英文を聞くことでやっとリスニング力を上げることができます。

また、余裕があればリスニングに加え、単語も力を入れて覚えていきましょう。

TOEIC600点台を目指すなら、単語は必須です。

単語を制した者がTOEICを制すると言っても過言ではありません。

TOEIC受験前はリスニングと単語に力を入れて毎日学習を続けましょう。

効果が出る期間は?→3ヶ月あればOK

では、どれくらい学習をしたら効果を実感できるのでしょうか?

結果から言えば、3ヶ月あれば十分学習の効果を実感することができます。

特に単語力に関して言えば、1日3つの単語を覚えていけば3ヶ月で90個もの単語を覚えることができます。

また、1日400文字程度の英文を読めば、3ヶ月でなんと36000文字もの英文を読むことができます。

単語力とリーディングの速度は、比例しています。

なぜかと言うと、単語が分かれば一瞬で意味が理解できて次に進めるからです。

単語力とリーディング力は効果が実感しやすいですので3ヶ月コツコツ勉強をすれば必ず効果が実感できるでしょう。

また、TOEICには出題されませんがスピーキング力に関しても3ヶ月で効果を実感することができると思います。

オンライン英会話はのレッスンは1回25分程度ですが、マンツーマンで講師を独り占めできますので、レッスン日を練習試合だと思って、日頃から練習試合のために新しい単語や表現を覚える癖をつけておくと良いですよ。

目安としては100時間ぐらい学習すれば100点ほどのスコアアップも可能です。

あと何点スコアアップをしたいのか考え、勉強時間の参考にしてみてください。

TOEIC600点台を目指す人のためのオンライン英会話のQA!

TOEIC600点の壁はどうしたら乗り越えられますか?

TOEIC600点は、TOEICに対応した単語力をつけることで突破できます。また、少し遠回りになりますが、TOEICで600点台を取れる英語力をつければ、点数は後からでもついてきますよ。元々の英語力にもよりますが、大体3ヶ月〜1年間勉強すればTOEIC600点台は目指せると思います。

TOEIC600点あったら外国人とビジネスできますか?

TOEIC600点台ですと、外国人と英語でビジネスをするには英語力が足りないかと思います。TOEICはあくまでも試験で、知識を問われる「受け身」のテスト。一方で実際のビジネスの現場は自分から行動して意見を述べていく「能動的な場所」です。外国人とビジネスをするためには、まずはTOEIC600点台を取得してさらに上を目指していきましょう。

TOEIC600点って他の国で見るとどれくらいのレベルですか?

2018年に国際ビジネスコミュニケーション協会が発表したデータによるとTOEICの平均点が600点台の国はコロンビア、中国、カルメーンなどがあります。ちなみにTOEICの平均点が700点台の国には、スペイン、ポルトガル、ロシアなどがあり、英語力が高いと言われるドイツなどに至っては平均点が800点と非常に高くなっています。

TOEIC600点台を目指す人におすすめのオンライン英会話で無料体験レッスンをしよう

今回はTOEIC600点台を目指す人におすすめのオンライン英会話をご紹介しました。

TOEIC600点台は英語中級者に向かうための一つの大きな壁だと言えるでしょう。

乗り越えることは簡単ではないかもしれませんが、毎日コツコツ勉強を続ければ必ず突破できますよ。

オンライン英会話はTOEIC対策が充実しているものも多く、時間と場所を選びませんので忙しい社会人の人におすすめです。

気になるサービスがあればぜひ無料体験レッスンに参加してみてください。